スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレデリカ・ベルンカステルの詩

※ ネタバレ注 
何をかいたらいいか思いつかずにいたら、これだった。
完璧に記憶しようと最初に思ったけれども、「暇潰し」でもう挫折しました。

『鬼隠し編』
どうか嘆かないで。
世界があなたを許さなくても、私はあなたを許します。
どうか嘆かないで。
あなたが世界を許さなくても、私はあなたを許します。
だから教えてください。
あなたはどうしたら、私を許してくれますか?

『綿流し編』
あなたの乾きを癒せない。
真実を欲するあなたがそれを認めないから。
あなたの乾きを癒せない。
あなたの期待する真実が存在しないから。
それでもあなたの渇きを癒したい。
あなたを砂漠に放り出したのはわたしなのだから。

『祟殺し編』
井の中の蛙は幸せでした。
井戸の外に何も興味がなかったから。
井の中の蛙は幸せでした。
井戸の外で何があっても関係なかったから。
そしてあなたも幸せでした。
井戸の外で何があったか知らなかったから。

『暇潰し編』
誰が犯人かって?
それを探す物語に決まってるでしょ?
誰が犯人かって?
そもそも「何の」犯人かわかってる?
誰が犯人なの?
私をこれから殺す犯人は誰?!

『目明し編』
砂漠にビーズを落としたと少女は泣いた。
少女は百年かけて砂漠を探す。
砂漠でなく海かもしれないと少女は泣いた。
少女は百年かけて海底を探す。
海でなくて山かもしれないと少女は泣いた。
本当に落としたのか、疑うのにあと何年?

『罪滅し編』
一度目なら、今度こそはと私も思う。
避けられなかった惨劇に。
二度目なら、またもかと私は呆れる。
避けられなかった惨劇に。
三度目なら、呆れを越えて苦痛となる。
七度目を数えるとそろそろ喜劇になる。

『皆殺し編』
<冒頭>
井戸の外の世界が知りたくて。
私は井戸の底から這い上がろうとしました。
井戸の外の世界が知りたくて。
何度、滑り落ちて全身を打ち付けても上り続けました。
でも気付きました。
上れば上るほどに落ちる時の高さと痛みは増すのです。
外の世界への興味と全身の痛みが同じくらいになった時、
私は初めて蛙の王さまの言葉の意味がわかりました。

<綿流し後>
どうかこの夜に何があったか教えてください。
それは例えるなら猫を詰めた箱。
どうかこの夜に何があったか教えてください。
箱の中の猫は、生か死かすらもわからない。
どうかあの夜に何があったか教えてください。
箱の中の猫は、死んでいたのです。

『祭囃し編』
<壱>
誰だって幸せになる権利がある。
難しいのはその享受。
誰だって幸せになる権利がある。
難しいのはその履行。
私だって幸せになる権利がある。
難しいのはその妥協。

<弐>
だって、これから
もっともっと幸せになるんだもの。
これくらいじゃ、妥協なんてしないんだから。
私たちは、これまでの幸せを全部取り戻すよ。
私は百年分を。
あなたは千年分を、ね。

『賽殺し編』
<冒頭>
天よりパンが降ってきた。
ある者はなぜ肉でないかと大いに嘆いた。
天より肉が降ってきた。
ある者はパンが良かったと大いに嘆いた。
天より神様が降りてきた。
全員が喜ぶ物がわかるまで、当分は水を降らせます。

<元の世界に戻る直前>
昔々。
神様が人間の前に姿を現していた頃のお話。

天よりパンが降ってきた。
ある者はなぜ肉でないかと大いに嘆いた。
天より肉が降ってきた。
ある者はパンが良かったと大いに嘆いた。
天より神様が降りてきた。
全員が喜ぶ物がわかるまで、当分は水を降らせます。

天より雨が降ってきた。
みんなは服が濡れると大いに嘆いた。
天より炎が降ってきた。
みんなは家が焼けると大いに嘆いた。
天より神様が降りてきた。
全員が喜ぶ物がわかるまで、何も降らせないことにします。

天より何も降ってこない。
ある者は神に見捨てられたと大いに嘆いた。
天より色々降ってきた。
ある者は降らせる物を選べと大いに嘆いた。
天より巨岩の雨が降ってきた。
これでようやく嘆きの声はなくなった。

天より雨が降ってきた。
通りすがりの旅人は感謝する。
神よ、予期せぬ天気に感謝します。
お陰で我が旅路は退屈せずに済むのです。

神は応えずに見送った。
それでいい。神とサイコロは無口でいい。

Frederica Bernkastel                                        
Sugokuiiya tsu nimieru youni egaketano wa
ookiikoituwo dokitanaiakutou ni saidoni dekinakyane.


【フレデリカ・ベルンカステルから一言。】
私は私よ。フレデリカ・ベルンカステル。
 古手梨花とフレデリカは全然別よ、そう信じてた人はご愁傷様ね。
 年齢は、もう数えるのをやめちゃったわ。面倒くさいし。
 え? オヤシロさまの正体は私だろうって?
 くすくす、馬鹿、失礼ね。
 オヤシロさまはオヤシロさまよ。この子にも挨拶させる? 人見知りするのよこの子。
 怖がりなんだから、あまり脅かさないであげてね?
 …まぁもっとも、あなたの方が怖がり屋さんみたいだけどね。
 くすくすくすくす…。


いまさらの感想なんだけれども、いいたい。
「ひぐらしのなく頃に」。この作品の真の主人公は誰なのか、ということについてだ。
表向きでは「前原圭一」と表記されているが、全作品を体験した人にとってはどうだろうか。
確かに、圭一は運命を打ち破るのに大切な鍵となる存在である。そのことについは厄醒し編(アニメ)や祭囃し編を視聴すれば分かる。「ひぐらしのなく頃に」でも前原圭一視点でほぼ物語りは進んでいく。
しかしながら、「ひぐらしのなく頃に解・礼」になると、圭一登場率が大幅に下がって2割ほどしか登場しなくなるのである。古手梨花視点でどんどんと話は進んでいく。
つまり主人公は一人ではないということなのか。個人的に言うと、圭一よりは梨花のほうが主人公になっていると思う。「ひぐらし」は梨花の百年の様子を描き、そして「ひぐらし解」で解決。そんな風に感じる。
ただ別の目で見ると、オヤシロさまの生まれ変わりであり、千年の旅を続けてきた羽入とも考えられると思うんだ。羽入視点の物語はほとんどないが雛見沢の守り神としている故に、別の意味では主人公とはならないだろうか?
とまぁ、なかなかに際どいところで終わってしまって知りたいことも山ほどあるひぐらしでした。


「うみねこのなく頃に」はじめてみました。時間があるときにコツコツと。まだ終わってません!w
なかなかに興味深いですが、やはりひぐらしがナンバーワンですよ。きっとね。
スポンサーサイト

テーマ : ひぐらしのなく頃に
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

暇人君@

Author:暇人君@
  ここをみたあなた
   どうか楽しく見ていってください
    それだけが私の望みです。



{PC spec}
OS:Windows 7 32b
CPU:Intel Core i7 860@2.80GHz
RAM:6GB
HDD:1500GB*500GB
VIDEO:NVIDIA GforceGT220

SUDDEN ATACK:#FAMILIA
Skype:orisayo
PlayStationNetwork:yachi08

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。